心肺蘇生では、呼吸の確保と心臓の状態を確認する必要があります。

MENU

救急蘇生法の流れ

 

救急蘇生法は、一次救命処置応急手当を総称するものです。

 

一次救命処置とは、心停止に対する心肺蘇生や窒息に対する気道異物除去などを言います。

応急手当は、出血に対する対処や意識がない人への応急処置を言います。

 

救急蘇生法として大事な心肺蘇生では、呼吸の確保と心臓の状態を確認する必要があります。
心室細動などの心臓麻痺の場合は、AED(自動体外式除細動器)の素早い使用が求められます

 

救急車

時間が経過する毎に生存率が下がってしまうので、救急車が到着するまでの間の応急処置が欠かせません。

 

心室細動は5分経過すると、生存率も5分と言われています。

 

AEDは公共の場に設置されていることも多いため、毎日使用している駅や職場などのAED設置場所を覚えておくのも良いでしょう。

 

心臓関連の突然死は、いつ誰に起こってもおかしくない疾患と言えます。
高齢者の方だけでなく、スポーツ選手などが運動中に突然倒れるなどのケースも散見されます。

 

心肺蘇生法の流れでは、

意識(反応)を確認する

119番通報とAEDの手配を周囲の人にお願いする

呼吸をみる

胸骨圧迫

気道の確保

人工呼吸

胸骨圧迫を30回連続して行い、人工呼吸を2回行う

という行程になります。

 

AEDが到着したら説明や指示に従い使用するようにして下さい。

医者

 

心肺蘇生法なども原則的には5年に一度改訂されているため、最新の情報を定期的にチェックしておくことをおすすめします。

 

高齢化社会も進み、身の周りの人だけでなく、いつそういった場面に自分が遭遇するかわかりません。心肺蘇生の現場に立ち会った場合に行動出来るよう情報を確認しておく必要があります。

 

救急蘇生法は、パニックになってしまうと手につかなくなることもあるため、冷静に素早い行動を心がけて行って下さい。