心肺蘇生の必要な方に遭遇した際には、なるべく早くAEDを使用して対処しましょう。

MENU

心肺蘇生法とは!?

 

心肺蘇生法(しんぱいそせいほう)とは、呼吸や心臓が動いていない人への救命として行う呼吸や循環の補助方法です。

 

心肺蘇生法の流れを紹介します。

 

 

まず、最初に声をかけて呼吸を確認しましょう。
周りの人に救急車を呼ぶようお願いして下さい。
AEDの搬送などもお願いするようにしましょう。

 

 

心肺蘇生

 

AED到着までの間、呼吸の確認で呼吸が確認できない場合は、すぐに胸骨圧迫を30回行います。

 

胸骨圧迫の後、人工呼吸を2回行うようにして下さい。

 

 

 

AED到着後は、AEDの画面の指示に従って操作して下さい。
AEDを使用する際には、周りの人が患者さんに触ったりしていないことを確認しましょう。

 

電極パッドの貼る位置は心臓を挟むようにしますが、説明が書かれている場合はそれに従うようにして下さい。

 

衣類などははがし、皮膚に直接つけるようにしましょう。

 

心肺蘇生法では、AED(自動体外式除細動器)の使用が欠かせません。

 

使い方は簡単で、電気ショックが必要かどうかなどを判断し、画面に指示が表示されるため表示に従ってボタンを押すだけです。

 

 

心室細動などの心臓麻痺のケースでは、1分経過する毎に生存率も下がり、時間が勝負とも言われています。

 

AEDは、医療関係者だけでなく誰でも使用出来るものです。
心肺蘇生の必要な方に遭遇した際には、なるべく早く使用して救命を行って下さい。

 

AEDは、駅や職場、学校、図書館などの公共の場に設置してあります。

 

心肺蘇生においての応急措置は生命に関わるため、大変重要な知識となります。
しっかりとした情報と素早い冷静な行動を心がけて行って下さい。

 

また、日頃から応急手当の方法を学び、身につけておくことも大切です。応急手当の方法などは原則、5年に1度改正されているため、定期的に確認しておく必要もあります。

 

私達1人、1人が緊急の場面に遭遇した時に対処出来るようにしておきたいものです。