やけどの応急措置として、まず水道水など流水で冷やすことが大切です。

MENU

やけどをしたの時の応急措置の重要性

 

やけどをしてしまったら、最初の適切な応急措置が重要です。
間違った応急措置をしてしまうと、後々まで傷跡が残ってしまったり、痛みが長引いたりします。

 

腫れやただれ、水ぶくれなどにならないように注意が必要です。

 

応急措置としてやけどをしてしまった時は、まず水道水など流水で冷やすようにして下さい。
なるべく長い時間冷やした方が良いですが、水温は低すぎないように注意して下さい。

 

あまり冷たすぎる水よりもぬるめの水で冷やすことをおすすめします。

 

やけどの度合いによっては、応急手当よりも早急に病院に行くことをおすすめしますが、病院に行かなくても良いくらいのやけどの場合は、応急手当として20分程度冷やすようにして下さい。

氷のう

 

少し痛みや赤みが引いてきたら、アイシングをして下さい。
保冷剤や氷水をビニール袋に入れて患部にあてるようにして下さい。

 

衣服を着たまま熱いお湯などがかかってしまい起きたやけどでは、皮膚などがはがれてしまう可能性もあるので、慌てて服を脱がずにハサミなどで服を切るようにして下さい。

 

衣服に熱湯が染み込みやけどが重症化してしまうので、早急に衣類を切るか、服の上からでも良いので流水をかけるようにして下さい。

 

水で20分程度冷やしても赤みが引かない場合は、十分に冷やした後、軟膏をつけるようにして下さい。病院などで診察を受け、抗生物質入りの軟膏をつけるようにしましょう。

 

重度のやけどになってしまうと皮下組織(皮膚の深度)まで損傷を起こしてしまいます。
表面だけの治療では治らなくなってしまうので、応急措置が非常に重要になってきます。

 

やけどをしてしまった時はパニックになりがちです。

 

パニックを起こすと出来ることも出来なくなることがあるので、日頃から応急措置の方法を頭の片隅に入れ落ち着いて対処するように心がけましょう。